chikyu Bijo Nendaiki

女性美を医学的・性愛学的・九星占術の視点で追究します。

カテゴリー "淑女の貞淑" の記事

共謀罪成立の責任は有権者にあり。

日本の代議士の選挙では、
投票率の低さが世界的な話題になっていますが、
例えば、フランス革命のように一般市民(民衆)が、
権力のトップを直接断罪する歴史を持たない日本は、
御上の言うとおりに隷属的になる民族的性格を有しているといえるでしょう。
こらは権力者にとっては願ってもないことであり、
市民を蹂躙しやすい事につながる。
良識のない権力側が数の力で押し切っても、
小選挙区での棄権者が続出すれば、
組織票のある党がイニシアティブを握ることになり、
いくら議会制民主主義といっても、
結局は多数決の論理で事は進みます。
だから、もしあなたが選挙の投票に棄権していくらデモに参加しても、
権力者にとっては影響はまったくないのです。
共謀罪は戦前の治安維持法に匹敵する法律なのでしょうが、
公務員や政治家などは適用外というのはちゃんと議論されたのでしょうか。
与党への批判ばかりでは、解決にはならない。
二大政党という時代はあと100年はかかります。
それだけ、日本の政治は三流とも五流ともいわれるのです。
有権者がそれと連動するのはもっと大きな懸念ではありますが。
政治に無関心な無党派層の未来はまさに暗黒といえるでしょう。
戦前のように大本営の意のままに人生が振り回されても、
それは私の責任ではない。その責任はあなた達です。
スポンサーサイト

<淑女限定>美容と健康のための清く正しく美しいオナニーの極め方。

オナニー(自慰)という用語はGスポットと並ぶ重要な医学用語です。
大手の新聞では、男性の活力栄養剤(又は薬用)の広告で、きわどい表現をしています。
週刊誌では自慰という言葉を大きな見出しで表現しています。
健全な青少年のことを思うのなら、未成年者も読まれる一般の新聞で扱うのは、
余り感心しませんね。人妻熟女写真集などもあちらことらで見受けられます。
夕刊紙では男性が書いた女性蔑視の官能小説が掲載されています。
芥川・直木賞をもらっても、作家として食べてはいけない人達が、
名前を変えて副業に走る悲壮感が読んでいる内に伝わってきます。
本当は純文学なんだけれども、仕方なく書いてるのさ、という行間がみえみえなんです。
そんなものは読んでもなにも感じないし感動はしない。
ストレスが溜まるだけです。女性の局部の描写を猥雑に扱う文章は、誠に美しくない。
それを読んで世の男性達は自慰に講じるのかはあたしは知らない。
男性は射精すれば性行為は終わりと思っているかも知れないけれど、
その後が大事なの。そう、包容と思いやりよ。初体験や女性との恋愛に疎い青年は、
すぐに女性のおっぱいや性器を弄りたくなるよういだけれど、それは実に悲しい。
恋愛にも起伏は当然ありだし、悩みも沢山出てきます。精神的な鍛えも必要ね。
だから銀座のクラブや社交場で磨いた紳士達は女の扱い方が上手なわけ。
淑女にとってストレスや昇華をする自分の時間はとても大切なんです。
異性での肉体関係は疲れるし、面倒くさい。
ならば、自慰を極めて自己陶酔の世界を極めるということになる。
この記事は本来なら無料ではありません。(今週のみ)あなたの自己責任でたのしくお読みください。

<美容と健康のための清く正しく美しいオーロラオナニーの極め方>
・箇条書きだけれどもあたしが行っているとは限りません。

1)鏡で自分の性器を良く見て、Gスポットの位置を確かめましょう。膣の内側数センチあたりが気持ちよく感じるはずです。濡れた指で優しくさすってみましょう。その前に清潔な手であることを確認して。美容クリームではなくて、オロナインH軟膏を少し付けると殺菌作用もあるから大丈夫。男性もマスターベーションで使っています。手で肥大化した性器を擦っても皮膚がひりひりしないからだそうです。男性は淑女の巨乳を姦淫したり、交接で猥雑なことを妄想すると射精するのだそうです。病院の精液検査でも嫌らしいことを連想して射精させるのでしょう。同じ事です。

2)Gスポットと乳房を刺激する。乳房と恥丘の感度は連動しています。とくに、巨乳の方は自分の口で乳首を舐めてあげる。乳首はとても敏感なところで、男性も感じるようです。Gスポットとの連携刺激はオナニーの昇華度をあげます。失神するひともいるので、深夜の自宅で行う事。

3)トイレのウォシュレットの噴水で膣を刺激する。仕事先のトイレでは思わず声を荒げないようにしてください。短時間で済みますので、お奨めです。ストレスも多少和らぐでしょう。

4)官能浪漫小説で妄想して気分を落ち着かせる。男性の書いたものはお奨め出来ません。女性作家が良いですね。

5)胸の谷間や太ももの露出を多目に出して、周りに刺激をあたえ、優越感に漬る。そうすることで、ストレスが発散されます。

6)性具を購入するときは、アマゾンなどで受け取りはコンビニで。間違っても自宅には配達依頼はしないこと。悪用する人がいるかもしれないので。









官能浪漫小説五作の原作使用承ります。

各作品は映画化・ドラマ化を想定して創作したものです。素敵な作品になられるようお祈りしています。

★光の追憶(抜粋・無料sample)

387


 僕は二人が本当に病気だと思い込んでいた。条件反射かどうか分からないが、とうとう兄の寝室に押し入ってしまった。その時兄と佐和子さんはあらわなままでいた。佐和子さんは、白い胸を揺らしながら仰向けに寝ている。幹夫さん、幹夫さん、と佐和子さんは叫んでいた。陶酔した彼女の顔をみて、僕は不思議な感覚を抱いた。それまで抱いた事のない女の世界があった。
 彼女の汗がベッドのシーツに沈んでいた。佐和子さんと僕の目が微妙に合ってしまう。僕は近くまで忍び寄った。兄は目を瞑りながら行為をしていたから、僕にはしばらく気づかなかった。兄は彼女の白い胸に顔を埋めている。佐和子さんの股間に激しく腰を押し付けていた。僕はその時、二人はアクメの最中だとはまったく判らなかった。目を瞑りながら、僕は立ちすくんでいるだけであった。兄が気づいて怖そうに僕を睨んでいた。
おい靖夫、見てんだよう、ガキのくるところじゃねえんだよ、早くでていけ、と兄に言われた。それまでいつも優しかった兄は、その日に限って冷淡であった。
 いつもの兄の顔ではなかった。佐和子さんが失神しているとき、僕は素っ裸の兄に激しく叱責されていた。僕は思いっきり顔を殴られた。そのあざはいまでも消えていない。心の痛みも。兄が亡くなる一週間前の事である。
 佐和子さんはそのことは知らないはずである。殴られたのは部屋の外でもあったし、だいいち彼女は性行為の疲れで、安らかに眠っていたからである。兄はそれ以降、僕とはあまり口をきかなくなってしまった。兄は知らないところですっかり豹変してしまっていたのだ。兄はマリファナを常用するようになっていた。検視でそれが判った。二人の夜の行為は、僕が大人の雑誌に目を通すきっかけを作っていた。アクメという言葉を知ったのは、それから後になってからである。僕は男女に関する本を読み漁るようになっていた。だが、それは少年にとっては苦痛でもあった。女に関する情報をいくら頭に詰め込んでも、少年の想像力などたかが知れている。僕の貧弱なイメージだけでは限界だった。
明子が産まれて以来、佐和子さんは育児や二人の夫婦生活に疲れきっていた。兄が以前の女たちと、再び関係を結びだしたのである。彼女が妊娠してお腹が目立つようになってからだ。兄には佐和子さんが妊娠して以来、夫婦の関係を築けないもどかしさもあったのだろうと思う。結婚前はプレイボーイの名を欲しいままにしていた兄は、世帯を持つようになってからは生活は地味になっていた。僕には理想的なカップルに見えていた。だが、佐和子さんは兄の動向がいつも気になっていたようである。僕には時折、本音を吐いて憂さを晴らしていた。貞淑な佐和子さんにとっては、兄の浮気は許しがたい行為だったのである。
 僕の想像だが、兄にとっては、出産間もない佐和子さんとの夫婦生活が出来ないもどかしさがあったのだと思う。僕は育児に懸命な佐和子さんが微笑ましく思っていた。兄への妻の役目どころではなかったらしい。兄は明子が生れる前から、家を空ける事が多くなった。毎月の給料も必要最低限しか渡さなくなっていた。それでも、佐和子さんは献身的に妻の努めを果たそうとしていた。二人の夜の行為は月に数える程度になった。
 兄の初七日が終わり、僕は熱を出して寝込んでしまった。佐和子さんは明子の育児のかたわら、僕を看病してくれていた。風邪ではなかった。今想えば、生前の兄と佐和子への気遣いが、少し重荷になっていたのかもしれない。熱は三日三晩続いた。佐和子さんは、僕が風邪だと思い、子供に移るといけないわね、と言い、僕と添い寝をしていた。

20120427_0d2ed6.jpg

地球美女年代記デモYouTube

清く正しく美しい巨乳の極め方。


37

巨乳はなぜ必要なのだろうか。
美しい巨乳、乳首、大きな乳輪、透明で白い肌。
黄金律のプロポーションと体から発する清らかなフェロモンの香り。
男はみなそれで女にひれ伏す。
射精をしごき出せば男達はただの消費材。
男はみなEDになればこの世はがらりと変わる。
巨乳狭射で男を支配しよう。
それも面白いね。
そんなSF小説も構想してみましたよ。
XXOnly Planet!
XXは女の染色体でXYは男の染色体ですよね。
XXだけになった地球はどうなる。
子供は単体でも「生まれるようになる。
そうなれば男は要らなくなるし。無益な戦争も無くなる。
行き詰まった人類の壁の向こう側には、新たな世界があるのかな。
ふと考えてみました。。。

bc4de2d8.jpg

巨乳フェロモンの癒やし力

37
巨乳というのは男性の視点からの都合のよい俗語で、女性にとってはあまりいい感じはしない。豊かな胸の膨らみという言葉自体にはフェロモン作用が派生することがわかるように、見事なおっぱいは神聖な世界の構築と世の中を癒す役目をになっているのです。だから、胸の膨らみがあまりないからといって、自虐的になるのではなく、女の武器であるフェロモン力と簡単には近づけないバストの存在感を身につけると良いことがわかります。有史以来男性も女性も見事な裸体と豊かな胸の膨らみに憧れる。どうしてなんでしょうかね。亡き高峰三枝子さんは、JRの広告で上原謙さんとの入浴シーンのポスターが各地で盗難の憂き目に会いました。高峰さんは初老の身でありながら想定外の巨乳を世間にさらしてしまいました。そのフェロモンの力は凄いものでした。男性はみな卒倒したそうですよ。AカップならBカップへ、CカップならDカップへとできるところから実行してみましょう。私が書いた小説のヒロインはみな絶世の美女で、胸の膨らみが大きいフェロモンを発する魅力的な淑女なのは、多分本能的な憧れがあるからでしょう。
10001812385.jpg

美しき巨乳

387

女性の乳房は男にとっては永遠の謎でしょう。女性ホルモンを発するエストロゲンは、貧乳から別れを告げる糸口になります。ガンダーラ美術でもお分かりのように、大きな乳房は歴史的にも文化的にも市民権を得ているもので、単なる性欲の対象物ではなく、子供を育てるための母乳だけの役目だけもありません。オナニーでも乳首を刺激すればクリトリスやGスポットも呼応してオルガムスの果てしない世界に導いてくれる。男女の交接は難儀な行為で疲れる作業です。女性同志による交わりは綺麗で美しい。
w
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。