chikyu Bijo Nendaiki

女性美を医学的・性愛学的・九星占術の視点で追究します。

カテゴリー "官能浪漫小説" の記事

ようこそ美しき大人のロマンス小説へ。

★紅涙の風景(抜粋:無料sample)

37


<第三章から抜粋>


 美弥子はバスローブで身を包んでいた。白いパンティー。特大のブラジャー。アンナはもっと凄いんだろうな、と僕は夢想している。美弥子だって凄い。
「なに、ボーッとしてるの。今日はなんか変よ、大介。それにそのアザはどうしたの?」
「なんでもないよ」
「誰かと喧嘩でもした?」
「どこかで打ったみたい。考え過ぎじゃないの」
「私が嫌いになったの?」
たしかに美弥子は僕を勘ぐっている。僕は何となく、とぼけようとしている。一瞬、望月の件が頭にあった。
だが美弥子の存在がそれをすぐ忘れさせていた。
「またそういうことを言う」
美弥子はよく涙を流した。彼女のけなげな涙だ。僕はいつもそれに惹かれる。僕は美弥子が要求していることは、言葉で言わなくても分かっていた。僕はいつものように美弥子を癒してあげようと思った。
「来て」
美弥子は仰向けになった。いつもの情欲が走った。
 僕は美弥子の紅い局部を優しく、口で攻めていた。美弥子はあえいだ。僕の両手は美弥子のブラジャーにあった。その先端を指で擦る。美弥子はブラジャーを外した。乳首の大きさがみるみる大きくなった。美弥子は自分で乳房を呼び寄せ慰めている。
「今日は何してもいいのよ」
 僕は一目散に美弥子の乳房に、鋼鉄を挟んだ。柔らかな摩擦。至福の時だ。僕の動きで、大きな乳房が波の振動を繰り返した。僕の情欲が一番湧くときだ。一回目の白い液が胸の谷間に激流した。
 僕はしばらくして、美弥子の膣に挿入した。速度はゆっくり目にしていた。美弥子は行為の前から夢想しているように思えた。アンナのことなのかは分からない。そういう気がしただけである。
美弥子は正常位の途中で僕に話しかけた。
「ねぇ、大介…」
「何?」
「また考えごと?」
「美弥子のことだけだよ…」
「ならいいんだけど…」
僕は意識の中では何も夢想していない。美弥子は不安なのだ。なぜ?僕はこの時は美弥子だけのつもりのはずだった。
彼女は僕の意識の裏側がよく見えるのだろうか。僕は一瞬、渋谷で会った女とみどりさん、アンナの事が頭に浮かんでいた。感の鋭い美弥子は、それを見逃さなかった。
「あっ、ダメだ…」
「もう?」
僕はこの日の美弥子はいつもと違う事に気づいた。美弥子の中に僕は自分の液を出していた。力が抜けた僕は、仰向けになった美弥子を激しく抱きしめた。美弥子の心臓に耳を当てる。
僕は赤子のように、美弥子の巨大な乳房に埋まっていた。体が一体になったというのに、美弥子と僕には寂寞感があった。
美弥子からいつもの要求がない。あの積極性がないのだ。美弥子は他の事を思っている様子だった。なにか新しい世界。そのような充たされた眼をしていた。美弥子は、僕がいつでも籠の中にいる小鳥だと思っている。
これまで、僕はその状況に満足していたような気がする。でも、ここしばらくの間、僕は籠の中にいるのが息苦しくなっていた。僕は海原を飛び回る鳥になろうとしている。美弥子は、それが不安になっていたのだろう。
僕は美弥子と西田アンナとの噂は、信じないように努めていた。それが、今では、はかない思いとなりつつある。僕は美弥子は責めるつもりはない。美弥子も僕の自由を拒むつもりはないだろう。
体と体の一体感。壊れそうで壊れない、見えそうで見えない、身勝手なジェラシーを生む。お互いに不確かで束縛されない信頼感もあった。揺らいだら揺らげばいい。彼女もそう思っているはずだ。
しばらく、離れたほうがいいと僕は思った。その後は、また自由に考えればいい。男と女を本能的に感じればいいのだ。答えはそこにある。
「大介。私しばらく、日本を離れようと思うの…」
「えっ?」
美弥子はシャワーで体を流し、着替えをし始めた。
美弥子は言い出したら、後には引かない。僕は諦めてうなづいていた。
「そうだな。君がそういうなら、僕は何も言わない…」
僕には引き止める気はなかった。彼女にだって自分の世界がある。何であろうと納得がいくまで極めればいい。ぼくはそう思っていた。
「また、戻りたくなったら、いつでも戻ればいいよ…」
「大介。ゴメンネ…」
美弥子は自分を律する事が出来ないことに、苛立っている様子だった。
「僕は見送らないよ…。たぶん…」
「…」
美弥子はケータイの着信に耳を置いていた。
「あっ、私。いまから出るわ…」
 相手は女のようだった。
「落ち着いたら連絡するわね…」
「無理しなくていいよ…」
僕はそっけなく言った。もっと優しく言えばいいのにと、自分を責めていた。
突然の別れに僕は動揺し始めていた。部屋のドアが開いた。美弥子が午後の逆光に吸い込まれていた。
僕の中には、美弥子の体温だけが残っていた。

moyuru2016-0024-222222-m.jpg

★シークレット・ドライビング・スクール(抜粋:無料sample)

37

(パンドラ・ピークスから)



 <一部抜粋>


十代の娘たちは想像力が豊かだし、独身女性のほとんどがオナニーをする。少なくても八割はやっている。
 街でよく見かける真面目そうなエリートのキャリアウーマンや教職者、修道女。由希には歩いている仕草でわかる。
「仮面もながく付けすぎていると疲れてくるのと同じ。外人の女子学生たちは年齢を問わずほとんどが経験している。みんなオナニーしてることを口に出さないのは秘密のオアシスがあるから。決して罪悪感からじゃないわ。立派な本能の生理的欲求だから恥ずかしがることなんかないのよ。ほんとよ」
 と由希はメールマガジンのホームページで彼女達たちを励ます。ネットでの悩みの告白は真実そのものだ。
 メールを読むだけで独身の男たちは由希を犯しまくる想像に強いられる。既婚者は途中で射精する。
 奥方とのセックスは不能となる。由希はその男をいつも面白がる。由希の存在は沢田でなくても全ての男たちの情欲をいつも激しくそそる。
 由希は子供が出来にくい体質だ。沢田と出会う前だ。女子大の3年の頃、妻子ある産婦人科医と合コンで知り合い不倫をする。妊娠をして女児を出産したが原因不明の突然死でわずか1ヶ月で他界する。
 普段でも目立つ乳房は母乳を生産しているのでホルスタイン級に増幅する。方々から男の視姦を浴びてしまう。
 母乳は1年間止まらない。このとき由希は不倫相手の三田から子供が出来にくい体質と教えられる。それまでおとなしい性格の由希は開き直る。
 人が変わったように明るくなり活動的になる。すべての男達を受け入れ銀座の夜の顔になる。容姿も器量も磨き眩しくなる。
 店の常連客は由希の体に群がろうとした。由希は厳しく男達を選別する。男をみる眼もすっかりと板に付く。
 120センチにふくれあがったバストの中は、母乳がたまりにたまって時折痛くなる時がある。乳房炎だけは避けたい。母乳が止まるまで30人ほどの男を利用する。
 初めて相手をした客は有名企業の創始者だ。噴水のような母乳シャワーとパイズリで男は気が狂いそうになる。後日、その男は大往生となる。その噂は伝説となっている。
 たしかに由希は数多くの男たちにいつも妊娠を迫られていた。愛人として。一流企業の役員や大学の教授、大物代議士。
 銀座の高級クラブのナンバーワンともなると彼らの絶好の餌食になる。日本の中では多重結婚はご法度だから彼らは別の方法を探る。男たちはそのエレガントな巨乳から飛び散る母乳を飲み干すことを狙っていたのだ。
 家族を守らなければならないことやスキャンダルを嫌う立場では、結婚など出来るわけがない。必死の由希の抵抗に彼らはあきらめる。そのかわりに彼らに思い出を作らせてあげる。
 法外な値段でのパイズリ、太ももズリ、ふくら脛ズリだ。男たちにとってそれらは性器と同類になる。
 その後彼らは現実には体験できない官能小説や裏ビデオ・成人映画、痴漢行為の世界で求めざるをえなくなる。
 実際、電車などでの痴漢行為は自殺行為とよく由希はいう。
 男は頭が良くないから気づかないのよ。だってそうでしょ。せっかくの気に入った女を前にして想像力が働かないのよ。想像力は大事よ。と由希は沢田によく叱咤する。
 由希は沢田と行為をする場合、時と場所は選ばない。そして沢田の面倒をよく見る献身的な女だ。由希が両手で重い乳房を掴み自分で乳首の先端を可愛がる。サービス精神は旺盛だ。その巨乳オナニーをみながら沢田は股間の摩天楼が硬くなるまで待つ。
 由希が仰向けになって沢田が楽にパイズリしやすいように位置を整えてやる。由希の巨大な乳房は生理の週になると一段とその脹らみが増してくる。バストトップは十センチも増えて百二十センチもの爆乳と化す。巨乳の青い血管がさらに増えてくる。
 そのころの由希の乳房は沢田にとっては情欲の女神に見える。巨大な胸の谷間を沢田のペニスが激しくピストン運動をする。二人の至福の時だ。由希が失神するまで狂ったように沢田は犯しに犯しまくる。胸の次は太ももが狙われる。由希はこっちの方に性感があるようだ。
 あえぐ由希の表情が沢田の精液の生産量を倍化させている。巨大な胸の山脈で沢田の鋼鉄の棒は途中で止まる。
 ホルスタイン牛のような白い双丘が波をつくる。オルガムスが近づいてくると紅い乳首が沢田の口までとどく様になる。実物のホルスタインの大きな乳首を口撃でいかせた事もある沢田の技術は相当なものだ。ほとんどの女は必ず落ちる。上品な美形の顔立ちが由希自身の乳房の波で激しく打たれる。
「もういけないわ、いけないわ、そこはダメよ、ダメ・・・」
と由希が目を潤ませて言う。沢田は由希がもっと激しくと要求するいつもの口癖だ。普通では考えられない光景だ。
 三百CCの沢田の精液が由希の胸の谷間を激流している。その川が由希の顔に流れを向ける。
 二つの丘が白い風景に変わる。二人はその精液を瓶に詰める。極秘の商品化であるものに使うためだ。
 最終的には由希の体を被いつくす。一度シャワーで洗い流す。
 二人はまた激しくそのことを繰り返す。沢田は三回ぐらい続けても精液の量は変わらない。
 子供が嫌いな由希は妊娠しない保証があれば恥丘にも沢田のこん棒を受け入れる。由希は見事な胸の発達を歩んできたが、自分でもその原因は分からない。
 日本人は胸の貧弱さに西洋女性にかなりのコンプレックスをいだいているといつも想っている。

10001812385.jpg

★長編官能浪漫小説:抜粋sample

387


<某官能長編小説:第一章:抜粋>


 貴子を虜にする早雲の魅力はどこにあるのだろうか。自問自答しながら思い巡らせていた。あの七十五歳にしては信じられないほどのあの肉体。華麗なテクニック。やさしいささやき。経済力。野心。他の女たちも彼に引かれるのもわからないではない。
 光夫とのセックスレスも絵美の出産以来続いている。早雲には五十代のころ先代夫人を病気で亡くしている。いまでは貴子を含め五人の女が取り囲む。間にもうけた子は十人にも上る。生活や愛情はこれまで平等を通してきているようだった。貴子と関係を持つまではそうであった。
 あれ以来、他の四人の女達の結束が堅くなったようだ。バランスが崩れたのだ。遺産相続への彼女たちの思惑がジェラシーで埋め尽くされている。貴子にはそう思えた。
 屋上のスイートルームに入った。貴子と早雲専用の部屋だ。だれも入れない。およそ百坪はあるだろう。四十畳のリビング。部屋は五室ある。大理石仕様のバスルーム。十畳はある。貴子のいない時は金髪の若い美女がよく来るようだ。モデルらしい。名はあえて聞かないことにしている。包容力のある女とみられたいからだ。だが、今日は早雲といっしょにくるらしい。それで、貴子はくるときから妙に落ち着かなかったのである。
 コッコッとノックの音がする。
 早雲と女があらわれた。彼女も事のいきさつを知っているらしく日本語もうまい。身元は早雲しか知らない。
 早雲は派手な旅行客の変装をしていた。五十歳代にはみえる。光夫も案外変っていたが格がちがう。年がいもなくちゃめっ気があてしかもダンディーとくる。見かけはいい。たしかにもてるわけだ。
「ハウ ドゥユドゥ。ナイスミーチュー。
 ハジメマシテ」
「しばらくだったな」
「ええ。そうね」
 早雲には貴子の控えめな清楚さがいたって気に入っていた。男の欲情をそそるのだ。
「ワタシ、リンダ・クラーク。
 ヨロシクネ」
「貴子です」
 名前しかいえない事情もある。
 元大学講師ののリンダはハーバード出のインテリである。いまは高級クラブでダンサーをしているらしい。なぜこのようなところにいるか貴子には理解できない。早雲にはなぜか彼女のいいなりになるところがある。わけがありそうだ。早雲と同じ百八十センチ丈のグラマラスな肢体は貴子の比ではない。
 貴子とリンダは早雲の差し出したジンフィーズを飲みほした。気がつくとリンダの眩しい肢体は、腰のくびきまで伸びた金髪といっしょに貴子の身体をしっかりと突いていた。貴子の身体の中がとろけだしてくる。二人の眼の奥底から炎がともった。意識がぼやけている。リンダと貴子は激しく目配せをする。 早雲はさきにシャワーを浴びて大型のをウォーターベッドで横になり遠くの海を眺めている。リンダは貴子のドレスをはぎ取る。貴子のジョーンブリアンの肌は三十代半ばにしては若い。脚線美はリンダのしなやかさとは違う存在感があった。白と薄桃色の裸体が交錯している。
 リンダはその薬には、かなりなれているようだった。
「ビヤクヨ」
「媚薬?」
「ソウ」
二人でシャワー室にはいった。
「おねがい、ゆるして」
「ダイジョブ。ダイジョブヨ タカコ」
リンダも貴子も理性はすでになかった。貴子は思いきりリンダの胸を揉みしだいた。マシュマロのような感覚。リンダは貴子の中心に指を構えた。貴子の張りつめた柔らかな声がリンダをつつむ。広いバスルームで二人は横になった。気持ちの良いシャワーが四方から祝福している。
 早雲は二人の餌食になっていた。両手と両足をヒモで縛られた。早雲が望んだことだったのだ。貴子は今何をしようとしているのかわからない。普通の自分にはもどれない。いやこれが普通の自分なのかもと言えなくはない。不安だった。
「オーッ」
 早雲の悲鳴がとどろく。リンダのムチが大男の胸板を急襲した。そして、腕や足。モニュメントはその都度大きく揺れ影を誘う。
 リンダのサディズムは増幅している。早雲のマゾヒズムも加速している。貴子は早雲の弱い一面をみて安心している自分が怖くなっていた。
 ものすごい音がルームにひびきわたる。
 早雲は失神状態にいた。そのモニュメントは見事な超高層ビルの高さを誇示している。 合体は突然リンダの郷愁を誘った。じっとそれを見つめながら生まれ故郷の摩天楼の街並みを思い出している。二十歳の頃のフィアンセとの突然の別れがそうさせているのか。いまでもあの湾岸戦争への憎悪がそうさせるのか。なぜ志願したの・・・・マイケルとの死別がリンダの未来をすっかり変えてしまっていたのだ。熱気が広いルームの隅々までゆきわたる。それぞれの肌の色が美しい。リンダのパール色の肢体と腰のくびきまで伸びた金髪。貴子の淡い薄桃色の肌。くり色の髪。大男の小麦色のたくましい身体とモニュメント。リンダの胸が貴子の恥丘と背中を駆け巡る。美しい日本人女性へのコンプレックスがリンダを襲った。ときおり解き放たれる高貴な香りがたまらないのだ。貴子はリンダに逆襲する。早雲のモニュメントによじ登り身体の真ん中にそれを迎えた。リンダが倒そうとしても反動で元どおりになる。もう一度というのでしかたなく貴子はポジションを譲る。早雲はこの二人の天使たちのいたずらには平気のようであった。過激な老人の力は度を越えている。
 いつの間にか朝になり、貴子はリンダがいないことに気がついた。正気にもどったようだ。わけは分からないが、去っていったようだ。早雲を問い詰めるのはよすことにした。


depositphotos_17097675-Traci-Lords.jpg

★紅涙の風景(抜粋:無料sample)


37


<第一章からの抜粋>


 僕は原稿を書くノートパソコン以外にはうといのである。街や電車では、誰もがケータイと睨めっこの光景が目立つようになって久しい。 僕には異様に見えている。逆にその人の行為には面白さを感じることもある。ケータイには監視的な役割もあるように僕には思える。刑事事件では、メールの交換データが解決への糸口になるという。全ての通信傍受は知らないところで捉まれている。ケータイが便利そうでも、僕は監視されるのが厭なのである。ケータイはそのうち、人間の行動全てを把握するようになる。プライバシーなどは全てなくなり、地球の周り全てが丸い檻となる。それは動物探査機の役目も果たすだろう。僕はデジタル社会は格別便利だとは思っていない。
人はアナログ志向が一番いいと思っている。このところ、IT社会の弊害も目立つようになった。望月はお前の考え過ぎだよ、ばかばかしい、そんなこと考えたって一文にもなりゃしないぜ、などと口を酸っぱくして言われたばかりだ。でも僕には、どうしてもケータイはわずらわしいのだ。持っていても、いまだに使うのを躊躇している。
 後日、僕は気が進まないが、望月の家へ美弥子とお忍びで行く予定を組んでいる。
美弥子の人気は、今のところ安泰のようだ。レギュラーは週に五本はある。
後輩たちにとっては憧れのキャスターである。美弥子は、アイドル歌手の西田アンナとペアを組むようになっていた。
 デビュー当時、沖縄生まれのアンナは薄幸を売り物にしていた。沖縄基地の黒人米兵と日本人の母をもつアンナは、その癒し風の美貌と豊潤な体で若者を魅了していた。アンナの父は今では出世して、本土のペンタゴンに勤務している。母も渡米している。アンナは時々会いに行くという。彼女は米国プレイボーイ誌のプレイメイトガールになったほどである。体つきは美弥子とあまり差がない。
 アンナは僕より二歳若いが、当時は男たちのオナペットとして、一世を風靡していた。僕も彼女に、はまっていたその一人である。自慰は痛くなるまで繰り返していた記憶がある。僕が美弥子と関係する少し前のことだ。
 アンナは突然アイドルを引退し、都内の私立大学に身を隠した。それまで芸能スクープの餌食の毎日であったが。四年間の沈黙の後、米国に留学。留学中は男性誌のモデルもつとめていた。三年前に帰国し、報道キャスターとして再出発している。まだ、独身である。僕には洗練された彼女が眩しく映っていた。   
 近頃は美弥子との同性愛が女性雑誌で、取りざたされている。それほど互いに惹かれあっているようだ。噂だけが独り歩きする。取材は憶測だけの虚構の世界を作る。
 美弥子とアンナのことは、事実かどうかは僕には分からない。美弥子はそのことは、僕には話さない。興味はあるが僕には干渉する気はない。
 美弥子が部屋を出てから、僕はテレビをつけっぱなしで寝ていたようだ。
 早朝の六時だというのに、美弥子の体力にはいつも驚かされる。
未明の三時頃には、僕は美弥子の悩ましい胸や股間に顔を埋めていた。僕は美弥子と一体になっていた。
 女に犯される快感。女に攻められる幸福感。今の僕は女を無償で支援するために生きている。ぐうたらなヒモ男だ。それに近頃は、夢想と一時的な記憶の喪失をなんとなく覚えるようになった。都合の悪い事は忘れるようになった。曜日の感覚もおぼろげになる。睡眠不足が長く続いているせいだろう。
 女に虐げられ、そして女を癒す。男なのに女になりたい願望。男としての欲情。壊れかかったアンバランスな感覚。特異な性器の存在。それが僕の基本になっていた。マゾヒストの最たるものだ。僕はそう思っている。思っているというよりも、そう感じるしか今は術がないのである。
 水泳で鍛えられた彼女の肉体は、衰えるどころか日増しに逞しさを誇示していた。どこからそういう女の精力が出てくるのかは、僕には理解出来なかった。
 美弥子は三十五歳になった。僕とは中学から大学の途中まで一緒であった。
 彼女の肌の艶やかさ。奔放な性格。情欲を生ませる清潔感。健康的な肢体。長い黒髪。白い肌。大きな胸。美形で上品な顔立ち。若い娘たちとは遜色がない。昨夜の彼女はそれを証明していた。
「大介。私って、人面獣心なのかしら?」
「何だよ、それ…」
「いま、私、獣になっているの…」
 僕は美弥子の言った意味を察していた。
 僕の舌は、いつものように、美弥子の恥丘を目がけていた。TV局の隣にある高層階のホテルでは、同業者の客が多い。
タレントや業界人の唯一の隠れ家となっている。
「大介のそれを貰ってから、仕事に行くわ。だから思いきり私を突いてきて。そうじゃないと私。駄目になりそう。私、今日一日、生きていけないような気がするの。お願い。無理を言ってゴメンね」
 僕は美弥子に頼まれれば、断わるということは出来ない。女の涙には弱い。
「大介。お願い、急いでちょうだい。刺激が欲しいの。後ろからお願い。ほんとに後ろからだけよ。上と下両方にしてね。でも、今日、前は駄目よ。時間がないの。したいだろうけど。ゴメンネ…」
顔立ちからは想像できない口振りである。美弥子は自分の胸の膨らみを指差した。美弥子は、自虐的になる自分によく陶酔をする。
「うん、わかった…」
 美弥子はすぐ四つん這いになった。ベッドのシーツは、豊かな乳房に押し付けられた。美弥子の顔と両腕が乳房の膨らみで宙に浮く。
美弥子の手慣れた自慰で、すでに膣の中は濡れていた。僕を受け入れる準備は万全の様だった。美弥子は後ろからお願いと執拗に要求してくる。
 僕は、美弥子に忠告をした。
「美弥子、いいのかい?今日は普通にしたら?」
といったが、美弥子は
「何を言ってるの。私、壊れてもいいぐらいなの。なんでもいいから、
早く、早くして」
と美弥子は譲らない。声を荒立ててきた。
「痛くなったら遠慮なく言うんだよ…」
美弥子は相づちを打った。
美弥子は後位でのアヌスでの痛さは、一度で懲ているはずだ。膣への挿入ならともかく、別のところとなると話は違う。
僕だってアヌスはあまり好きではない。だが、美弥子の大きな尻の塊は情欲を生んでいた。僕はたまらず美弥子のお尻に顔を寄せた。美弥子の香り。
 僕は彼女の要求通りにした。
僕の太い鋼鉄は美弥子の膣の中に深く侵入した。
美弥子はぐんぐん声を荒くしていった。美弥子の腰が痙攣をはじめた。
「大丈夫?」
僕は美弥子にささやいた。美弥子は無言で耐えていた。美弥子は、
「あそこにも…」
と言った。僕はそれを抜いて、アヌスにも一度だけ挿入した。
美弥子は我慢が限界のようだった。僕の大きさではやはり危険に思えた。美弥子の体は必ず壊れる。僕は察知して、それをまた通常の位置に戻した。
 美弥子は捨て身で、侵入した先頭部を膣で締めつけた。僕も痛いと声をあげた。激しく吐く息。オルガムスが美弥子を支配していた。僕の白い液が美弥子のなかに激流する。しばらくして、それが交接部の入り口まで逆流していた。
それでも固い鋼鉄は、凄まじい往復運動で、激しく美弥子の局部を突きに突いた。美弥子はイク時はいつも無言であえぐ。首を振りながら放心する。女はオルガムスを感じる時には、余裕のある言葉は吐かない。美弥子はギリギリまで眠りつづけた。
 美弥子とのこういう関係は十代から続いている。共に絶頂を極めるのは難しい。美弥子は僕が彼女の一部だと錯覚している。僕自身もそう思っている。僕もそうだが、彼女も思い込みが激しい。女は勝ち気な性格でないと、この世界ではなかなか生き残れない。

mv41211-ローな1